堺市美原区の「マッハスリー」で白いカレーとダチョウ肉を食べてきた

グルメ

車を運転していると、通りすがりにちょっと入ってみたくなるお店があります。

堺市美原区で、白いカレーダチョウ肉が食べられる「マッハスリー」というレストランに入りました。

スポンサーリンク

マッハスリー

ログハウス風の個性的なカフェレストランで、店先にはバイクがたくさん並べられていて、見た目バイク屋さんかなと間違えるほどです。
マスターがライダーで、ライダー仲間たちの集いの場にもなっているようです。

ちょっと駐車しにくい雰囲気だったので、道路向いにある堺美原食道(まいどおおきに食道)に車をとめて道を渡りました。

以前(多分2013年)TV番組の「探偵ナイトスクープ」で取材を受けた時のビデオが店内に放映されています。

看板メニューは、「白いカレー」「ダチョウ肉料理」「堺バーガー」でしょうか。
「白いカレー」は、レトルトでお土産用に販売されていて、堺市の優良観光土産品に指定されているようです。

「堺バーガー」は、ダチョウ肉のハンバーグを挟んであるハンバーガーです。

 

白いカレー

一応カレーの味はしましたが、私が好きな香辛料のパンチが効いたオリエンタルなカレーではなかったです。

まろやかで食べやすく、見た目シチューですが、カレーに間違いなかったです。

マスターが「初恋の味」だとか、、説明に来て色々喋ります。

ダチョウ肉のミンチカツ

 

見た目は、普通のミンチカツですが、お肉が粗みじんでしっかりしています。
キャベツの千切りが練りこまれていましたが、違和感なく美味しくいただきました。

ダチョウ肉は、高タンパク、低カロリーなので、健康志向にピッタリの食材です。

ダチョウは、時速60Kmで走れるスプリンターなので、身体が引き締まって体脂肪が少ないのでしょう。脂分が少なく感じました。

マスターが、ダチョウうんちくも聞かせてくれました。
おしゃべりが好きなようです。

メニュー

紅白カレー」というおめでたいメニューもありますが、土日祝日のみの限定メニューらしいです。
それは、白いご飯の代わりに古代米のご飯を使うので、ご飯が赤くカレーが白い紅白カレーとなります。

 

ダチョウ肉のさしみもメニューにありますが、予約が必要とのことでした。
食べたいと思いませんが、話のネタにはなるでしょうね。

お店の中

店内は雰囲気のある山小屋風で、壁面一杯にサインが飾られてあります。

誰のかわからないのが多かったのですが、「天地真理さん」が2年ほど前に来られたそうです。
天地さんの娘さんがマスターの知り合いで、親子で来たとのことでした。
スッキリ痩せて、昔の面影が残っていて綺麗な写真が貼られてありました。

 

アクセス

店舗情報

「MACHⅢ (マッハスリー)」

【住所】大阪府堺市美原区北余部469-6

【電話番号】072-361-3171

【営業時間】8:00~22:00  日曜営業

【定休日】定休日  第一、第三火曜・その翌日

【駐車場】有り

さいごに

多分、リピートして行かないと思いますが、話題に事欠かない個性的なお店です。

「白いカレー」は、北海道をはじめ全国あちこちにあるようです。それだけではインパクトに欠けますが、ダチョウ肉とコラボさせているところが商売上手だと思います。

マスターは、20年以上前は、カラオケボックスを経営していたそうで、かなり稼いだようです。
ジャンカラやビッグエコーが進出してきて太刀打ちできなくなり閉店したとのことです。

商才があるユニークなマスターが経営する「マッハスリー」でした。

 

ダチョウの卵の抗体は、コロナをブロックする力があるようです。
これから益々注目されることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました